弁護士費用は大丈夫?

費用B型肝炎の給付金額に4%の金額が弁護士費用として上乗せされるのですが、実際に給付金を受け取れるまでにはある程度の期間が必要になります。そうなるとある程度最初に費用を払わなければいけないのかと考えて提訴を控えてしまう人もいます。しかし実際には完全報酬制をとっている弁護士事務所も多いので、給付金を受け取ったあとで弁護士費用を支払えばいいというわけです

完全報酬制で給付金の請求をやってくれる弁護士をネットで探すようにしてみてはいかがでしょうか。実際に今までB型肝炎訴訟の提訴数が少なかったのはこうした弁護士費用に対する不安なども背景にあったのかもしれませんが、そうした心配は不要で提訴できるということも覚えておいてほしい部分です。

実際に弁護士費用がいくらに設定されているかは弁護士事務所によってかなり違いが出てきます。最初に相談する段階で費用の支払いのタイミングや総額といものをしっかりと確認しておくようにいたしましょう。いずれにしてもB型肝炎給付金の請求を個人でおこなうのはあまりおすすめできませんので、給付金請求の経験豊かな事務所で、費用の支払いの条件が合うところをしっかり調べて仕事を依頼するようにしましょう。


推奨リンク<B型肝炎給付金請求相談|アディーレ法律事務所


個人で訴訟は起こせる?

弁護士B型肝炎訴訟によって受け取れる給付金の額は人によって差があります。それでなるべく受け取れる給付金すべてを自分で受け取りたいということで、各種訴訟の手続きを自分でやることにする人もいます。

もちろん中には提訴のための十分な知識を持っている方もいますし、時間的な余裕があって自分で勉強しつつ提訴をしていく方もいます。しかし実際に自分で書類作成をして訴訟を起こすというのはかなり大変です。通常裁判を起こすとなったら当然のごとく弁護士に依頼すると思います。ところがこのB型肝炎の給付金請求に関しては「訴訟」であるにも関わらず単なる「手続き」のようなイメージが強くなってしまうのかもしれません。

自分で頑張って提訴しようとする人もいますが、特別な事情がなければきちんと弁護士に依頼することをおすすめいたします。特に弁護士費用の面で心配しているのであれば、このB型肝炎の給付金請求に関しては最終的に受け取れる給付金以外に給付金額の4%の金額が弁護士に依頼するための費用としてプラスされて給付されるので安心して弁護士に訴訟の依頼をすることができます。どうしても個人で訴訟を起こしたいという方は訴訟、裁判に関する専門知識や確実な書類作成などが必要になってきます。